記事一覧

リマ➖職場伝道

レポーターは、やい子さん。毎週土曜日、保育園の調理の仕事をさせていただいてます。最初、2品だけでしたが、子供たちや先生方に喜んでいただくのが、嬉しくて、いつの間か4品作るようになりました。気になる先生が、いました‼︎独身で30才、結婚したいが相手がいない。この人の話しをしたら、教会長が一言‼︎「美蔘液飲んだら、イイ人紹介するよ。」と、言いなっせ。と、み言をいただきました。明日しかない。と思って祈りました...

続きを読む

訓読❗️寺小屋教会から、初の就職内定❗️

今日のレポートは、裕子です。ヒロシでは、アリマセン❗️まずは、杏(きょう)ちゃん。就職内定、おめでとう‼️杏ちゃんと、この半年間訓読(3時間チャート)を、共にやってきたおばちゃまは、感激で涙ちょちょぎれ❗️杏ちゃんは、緒方家の次男。21才。中学から、ずーっとテニスバカを通し、ひたすらテニステニスの明け暮れ。性格は、今時にしては珍しいくらい純で素朴で、可愛いクテ良く食べて…。周りのおば様たちに、絶大な人気の子です...

続きを読む

家庭教会長は学校の先生

レポーター、緒方です。我が教会には4人の家庭教会長が立っておられます。今回も前回に引き続き、家庭教会長を紹介させて頂きます。その方は学校の先生。見るからに子どもたちLOVEです。こよなく子どもたちを愛するその先生は、生涯、現役の先生として、今日も教鞭をとっておられます。ご夫人も元教師で、二人が教師スタートした時点から生涯現役と決めておられたようです。我が教会では年に2回ほど、青年VS壮年によるバレーボー...

続きを読む

ピーターからメールが届きました。

 10/26(月)、朝の訓読会の最中、AM5:30頃、イギリスのピーターからメールが入りました。ローマ字です。以下、ピーターです。***********************Konnichiwa! Douzo yorishiku! Minna o genki desuka?Email, arigatou gozaimasu, Watashi wa ureshii desuyo. Romaji tsukurimasu, sumimasen ne,boku wa kanji wo wakarimasen! Kumamoto no tenki dou desuka?London wa ame ga fute...

続きを読む

NY 秋模様

アメリカ在住の食口から送られた写真です。...

続きを読む

家庭教会長 和動、牧会

我が教会には4人の家庭教会長が立っています。そのうちの一人の教会長の証をいたします。その方は、熊本城を徘徊されているあの吉岡氏です。最近、古川氏が訓読会に於いてもセミナーにおいてもあまり元気がない。仕事の件で何か思いつめた表情だったり、冴えない表情だったりで井上教会長も心配されていた。今回、古川さんが兄のように慕っている吉岡さんに井上教会長が話された。「家庭に呼んで、話しを聞いてもらえないか。」と...

続きを読む

九重に秋を見つけに

2015年10月27日、秋を感じに、九重まで出かけた。 絨毯紅葉 目に沁みる心地よい風が 人に優しく あちこちのベンチで 弁当を広げていた。タデ原から見た九重連山。タデ原はススキが波打ち秋の深まりを感じた。九重山 アボジ待って 頬染めるリンドウ...

続きを読む

誇らしきかな!我、安永家庭教会

今回のレポーターは坂口さん。今朝の5時の訓読会で韓国サンクチュアリ教会のイ・サンヨル会長の最新の礼拝説教を拝見しました。内容は10月11日にペンシルベニア・サンクチュアリ教会で行われた「天一国憲法宣布発布式報告」でした。その中でイ・サンヨル会長が現場で撮られた写真が次々と紹介されました。とその時、みんなの中から大きなドヨメキと歓声が!!なんと我等が井上教会長とヨナ様がハグされているところや亨進様や国進...

続きを読む

スカイプ会議 『リマ』

10/24(土)、初めてのスカイプ会議を行った。ヨハネによる福音書12章49節-50節「わたしは自分から語ったのではなく、わたしを遣わされた父、父ご自身がわたしの言うべきこと、語るべきことをお命じになったのである。わたしは、この命令が永遠の命であることを知っている。それゆえに、わたしが語っていることは、わたしの父が、わたしに仰せになったことを、そのまま語っているのである。」この御言を中心に、多くの交流ができ、復...

続きを読む

210代先祖解怨について

神様の恵みの中、2015年12月6日 210代の先祖解怨を亨進様より受けることができる。あまりにも、ありがたいことである。私ごとであるが、2009年12月 氏族的メシヤ活動をスタートする。その後お父様より、210代の先祖解怨について指示が、出された。すかさず、メンバーたちが、まず中心家庭がそれをやるべきだ。として、私の家系4家系210代先祖解怨のために、献金を募ってくださった。当時、私の先祖解怨の状況は、直系と母方が100...

続きを読む