記事一覧

古川家庭教会報告

古川英児です。今年は古川家にとって大きな恵みの年であったと思います。家庭3代でサンクチュアリ教会につながり又一緒に住めるように旧安永教会を与えて頂いて心から感謝です。12月27日、家庭訓読の中で与えられたみ言が「愛の中に生まれ愛の中に育てられ愛を残して行く」でした。本当に心が癒されました。横にいた娘が、「英児さんわかりましたか?人生の目的はここにあるのですよ」と、まるで井上教会長が直接語られてる感じで...

続きを読む

お知らせ

2015年 。いろいろありました。三代王権に侍ることを通して、超刺激的な月日を送ることができました。 ありがたいことに、お父様の権威の元に戻る祝福を16家庭が受けさせていただきました。うち4家庭は新規です。そして、次の祝福に準備している約婚カップルが2組。私たち安永教会は、稼動中の訓読家庭教会が7箇所。5箇所を紹介します。(1) 坂口家庭教会 御船町木倉。既成家庭。59才の同い年夫婦。 ご主人は、現役の小...

続きを読む

神霊の賜物

井上教会長から「ブログの原稿を上げてほしい」と連絡を受け、書いている今このとき、亨進様の12月27日の日曜礼拝(英語説教)の御言―祈りの歌が流れています。♬ I,m no longer a slave to fear. I am a child of God. 一緒に見ていた娘(高2)が訳してくれました。「わたしは、もはや恐れの奴隷ではない。わたしは、神の子だ」! それを聴きながら、思わず「イェー!イェー!アージュ!アージュ!亨進ニム、カンサムニダ...

続きを読む

訓読家庭教会活動報告~大山・文家庭~

訓読家庭教会活動報告 大山博之皆さん、こんにちは、初めて投稿します。我が家庭は、天地人真の父母定着実体み言宣布の中で、真のお父様が遺言として残された、八大教材教本の訓読が重要という事で、家庭訓読を始めました。最初のうちは、条件的にという思いがあり、なかなかみ言が入らなかったというのが、事実です。しかし、亨進様が語られた、沈黙を破ってという説教をはじめ、聖書を中心に語られる説教...

続きを読む

吉岡家庭教会報告

お父様に感謝ヒョンジンニムに感謝サンクチュアリ教会に感謝全てを通して天に導かれた事に感謝、感謝の一年でした。ありがとうございました。           吉岡光章サンクチュアリー教会に繋がり、聖書、み言を通してリマを頂き本当に有難い年でした。我が家庭教会にも婆ちゃんの訓読会で、沢山の方々に来て頂き、又、週1回の訓読会も始まり嬉しく思います。特に先祖解怨祝福以後は神様と聖霊の導きを感じずにはいられませ...

続きを読む

坂口家庭教会の重大ニュース

坂口家庭教会の重大ニュースをお伝えします。何と言ってもサンクチュアリ教会が設立されたことが一番です。初めは背景がよくわからなかったのですが、自分の疑問と亨進様の決断がぴったり合ったことから本当にサンクチュアリ教会への移行が納得してできて嬉しく、ありがたいと思いました。それから、お父様が直接主菅されるようになって、どんどん動きが展開して行きました。願っていることが自然になされていきました。覚束無い素...

続きを読む

鍋パーティー 忘年会。

レポーターは緒方です。昨年、「主人の作るキムチ鍋は、チョ~美味いよ^_^~」と宣伝したところから、教会長が「じゃ、早速壮年会の忘年会をしましょう」と、あっという間に決まったキムチ鍋パーティー。今年二回目を迎えます。発起人はなんと、主人主人も少しずつ教会にも慣れ、教会の方々にも慣れて今回は動員する側にびっくりです。対象者は藤本さんのご主人です。神様に対してアレルギーがあり、中々受け入れてもらえませんで...

続きを読む

210代先祖解怨・祝福御祝餅つき大会

総務の井上です。本日、ここ、安永家庭教会では、210代先祖解怨・祝福に対する祝勝会として、餅つき大会を行いました!笑いあり、涙ありの、本当に尊い一日となりました!今回はその一部を写真を通して皆様と分かち合えればと思います^^昨日から準備した飾り付け。万国旗が片田舎になびきます(笑)  朝8時頃から集まり、準備に徹するプロジェクトチーム。黙々と作業をこなしていきます。ちなみに全体はこんな感じ。応援に駆けつけ...

続きを読む

2015年最後のセミナー

9時から、今年最後のセミナー。参加者は、10名。プロジェクターで12月22日の韓国語説教を学ぶ。最後の祈祷動画。途中から亨進様の祈祷の声が、お父様の御声と重なってくる。お父様の聖霊が、一同を覆い尽くす❗️涙、涙、涙の爆発💥お父様が、私たちを掴んでおられる。用いておられる❗️不足は百も承知。存分に存分に、お父様❗️あなたの手足としてお使いください❗️二代目王亨進様のおっしゃる通り、我らは戦場にいる。主の戦いに臨んで...

続きを読む

夫のクリスマスプレゼント

藤本さん、イブにご主人から洋服のプレゼントをいただいた。あまりのことに、本人ちょっとの間パニックに!事態を吞み込むのに、時間が必要であった。何しろ結婚して20数年、クリスマスプレゼントというもの貰った記憶が1度しかない。それもうんと前の話し。そして、あれほど嫌がっていた教会メンバーの企画するカップル鍋パーティに参加を快諾してくれた。これこそ、先祖解怨 祝福の恩恵以外の何ものでもない。不思議だ! 不思議...

続きを読む