記事一覧

待合室訓読会。その後…

木曜日 午後1時半から待合室訓読会。参加者は5名。先週までは、「天国を開く門」を訓読していましたが、今日から、「人間の生と霊魂の世界」やはり、人生が進んだ人々は、これから先の霊界のことが気にかかります。聖和式や、霊界に対する話題になると、眼の色が、変わります。お茶を済ますと、やっと止んでくれた曇り空も意に介することもなく裏の畑に向かいます。草取りしたり、野菜の手入れしたり、手も動きますが口はさらに動...

続きを読む

3万7千殉教キリシタン守護軍団の役事

―フランシスコ・ザビエルの啓示(1997年9月14日)―「(日本)国が罪を犯した。国の為政者が反対した。国が懺悔しないと(いけない)…。わたしは、貴方の所に来るこの日を待ち望んでおりました。貴方を祝福するためです。貴方のような得難い信仰を、この日本に立てるためです。貴方は自分が思っている以上に、私が愛したこの日本のクリスチャンたちを愛した背景を持っていますから、貴方の意識がもう一段引き上がって、貴方...

続きを読む

今ほど、幸せなことはない。

今朝の早朝訓読会の感想です。天聖経「地上生活と霊界」を訓読しています。どうですか? と 感想を聞いてみました。その時、70才になるキミヨさんの感想が、「霊界のことを、こうして学べることが、嬉しくて、嬉しく。何度も何度も繰り返し訓読してしまいます。そして、祝福がこんなにも貴いものなのか!受けた時は、よくわからないままお受けしたのにこんなにも尊く、お父様の御苦労の上に与えていただいたと思うと、ありがたくて...

続きを読む

おかえりなさい‼️

「おかえりなさい。」42年前、伝道されてはじめて、教会に足を運んだ時、かけられた言葉です。「えっ⁉︎」ちょっと違和感を覚えながらも、不思議な喜びがありました。今、この言葉を30数年ぶりに教会に足を運ばれた、お二人に捧げます。おかえりなさい‼️金子さん。おかえりなさい‼️三村さん。どれほど、この日を待たれたお父様でしょうか!前を向いて、しっかり頭を上げて、感謝して、お父様に侍りましょう。お父様が呼んでください...

続きを読む

40年ぶりの賛美歌

「40年ぶりに歌いました。賛美歌!」涙されながら、話される金子さん。今日は、40年ぶりの礼拝参加。島原からは、宮本さん御夫妻も参加されて、70年代の話しに少し盛り上がったりしていました。三代王権に侍ることの尊さ。一方的な神様の恩恵と導きによって、召しいだされたわたしたち。召命に応えてまいりましょう。...

続きを読む

3時間チャート訓読100回

原理3時間チャート訓読100回の波が、再び安永教会を襲っている。第一の波は2014年の10月だった。夢中に訓読した。おばあちゃんたちが、強烈だった。毎日、5時間6時間は、普通のこと。競い合って訓読した。その年の暮れには、ほぼ全員が100回終えた。正月休みに何人かが、クリアした。2015年の初めには、26名が100回訓読を達成していた。その年の3月に、サンクチュアリーに出会うことになる。そして、全員が家庭詐欺連合を脱会す...

続きを読む

訪問路程

23日は、訪問路程。一瀬幸子さん、藤本幸子さん、奥田保子さん。走行距離が、120kmを超えた。先ず、玉名にお住まいの一瀬さんを訪ねた。理容店を経営していらっしゃる。息子さんが主役であるが、ご本人も70はとうに越えておられるのに、現役でバリバリ働いておられた。真っ先に、お米を送っていただいた。その御礼に行った。「うちの方こそ、娘がお世話なって。地震から家族で、いろんなことを話し合うようになって、あれから、良...

続きを読む

島原 2

裕子のレポートです。大雨洪水警報の中を、行ってきました。島原‼️庭に出て、お迎えくださる宮本御夫妻の爽やかな笑顔。雨で鮮やかさの増した、庭の木々と花々。ここに伺うとなにかホッとした感があります。御写真に敬拝して、ふと目にとまった一枚の写真。ユウキ君の亨進様御夫妻と写った写真。それが、宝物のように祭壇に置かれています。ユウキ君の笑顔に、「あゝ 良かったなぁ。」青年たちが、こうして亨進様のお側で侍らせて...

続きを読む

島原

今月の島原訪問は、昨日。雨の中出かけたが、宮本さんの家庭教会に着くと、雨はすっかり上がっています。先発の緒方さんからの連絡を受け、島原は雨止んだんだと思い、その数分後、多比良港でフェリーを降りると、土砂降り。そこから僅か5kmで、宮本さん宅。あんな土砂降りが、3km走った付近で止んでしまい、青空まで見えてくるではないか!以前似たようなことがあったなと思い、原城での礼式を思い出した。あの日も大雨洪水警報の...

続きを読む

訪問

先日、安永教会を訪ねてくださった方の家庭訪問ができました。先ず、祭壇の設置。水色の布を背景に、とっても素敵な祭壇の出来上がり!聖別して、報告をすると、お父様がとても喜んでいらっしゃる様子が、手に取るように感じられて一同涙の中でした。いろんなことおしゃべりして、手のこんだお料理を頂いたり、ヘルスの治療で悲鳴あげ たりするうちに、時間ばかりがどんどん過ぎていきます。朝10時少し前に、お邪魔したのに、おい...

続きを読む