記事一覧

ばぁーばは颯馬教!

甲斐家の証 その3


9月21日は敬老の日。

保育園では祖父母参観がありました。
勿論、颯馬(5才)も誰が来てくれるのだろう(^o^)と期待大。
でも私は礼拝に来てほしいと願う母。
何を隠そう、私は母には弱いのです。礼拝に来てと言えないのです。
遠く離れている母も私がお父様に出会った事で元気になったと喜んでくれて食口にはなっているのですが、高齢で現役バリバリのメロン農家の母はとにかく忙しいのです
高速道路2時間かけての週2回我が家に来る事はあり得ません。

祖父母参観日当日(16日)は、孫のために、高速道路2時間走らせて来てくれました。そして終わればとんぼ帰り!
20日の日曜礼拝に来てほしかったのに…と思いつつ、夜にお礼の電話を入れました。
すると、すかさず颯馬が
「日曜日、礼拝待ってるからね〜」と!

まるで私の胸のうちを知ってるかのように…です。

母は、ハイハイ!と。

そういえば、こんな事よくありました。
「ばぁーちゃん、礼拝」と、一喝する姿。

霊界にいる双子の兄、遼馬の協助かなと思います。「ありがとう、遼馬〜」

颯馬には弱〜い、ばぁーばでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント