記事一覧

伝えたかった事

久々の日曜晴天。
今日はどんな亨進様の説教が頂けるかと思って、寺中聖殿に到着。

時間が早く寒かったので、しばらく緒方さんのご主人、
亜美ちゃんと3人で炬燵で暖を取る。
亜美ちゃんは試験も終わり、大学は春休みになってうれしいし、
楽しみだねという話をしていると、
なんと22日から2週間の実習が始まるらしい。
しかも、施設はとてもむずかしそうで、
これまでの自分の学習や経験があまり通用しないようなところ。
不安を抱えているようだった。

自分も実は、学生時代に1
週間養護施設に泊まり込みした経験があったので、
そのことを少し話したが、
神様を知らないしお父様を知らない時だった。
その施設は様々な事情を抱えた子供たちが生活するところで、
そこを担当することになって
本人もどうしたものかと頭を抱えていた。

いろいろな話をしたが、一番大切なことを伝えていなかった。
それは、神様に尋ねるということ。
相手の問題ではなく、
要は不安や心配になっている自分の問題であり、
答えは神様が準備されているんだよということ。
もっと言うなら、
「私、初めてで何もわからないから
ここのことたくさん教えてくださいね。」
と神様に伝えたらいい。

答えは、リマ、訓読、讃美だから、
必ずそこに答えが眠っているよ。
このことを伝えたかったし、伝えなければいけなかったね。
ごめんなさい。

若者と話すと気持ちが上がって、うれしくなる。
亜美ちゃんありがとう。


そして、冷たい水で車を洗ってくれた悠、ありがとう。



もちろん、礼拝で亨進様から勇気や元気をいただいたのは言うに及ばない。
亨進様の「暗闇に勝つ光」わかるところもあれば、
ピンとこないところもあった。
怖れる必要はない。
神様は能力と愛と健全な心をくださったのだから。


最後に
青年会の今日のから揚げ付きカレー、ボリューム満点!
とてもおいしかったよ。
ありがとう。


坂口利伸より
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント