記事一覧

お父様の導き~今日のテーマ~

お父様の権威に戻る祝福式の期限が切れた翌日の礼拝。
今日はどんなみ言を頂けるのか、楽しみに迎えた。





礼拝では、パンサー会長の
亨進様へのインタビューをみんなで聞いた。
亨進様ご家庭が韓国を出られ、
アメリカペンシルベニアの荒野に向かわれたのは、
お父様の導きであった。

まず、600エーカーもある掘り出し物との出会い、
その土地の人々がお父様の業績を認め、
尊敬していたこと、美しい自然に恵まれ、
本物のアメリカや本物の自由を愛する精神があることを
とても感謝しておられたことだ。
啓示や夢を通してお父様と出会い、
讃美礼拝により様々な人が集まり、
霊的五感が解放されたそうだ。
聖霊の働きと贈り物があったと。

イエス様も荒野でサタンと戦ったように自分たちもサタンと戦って、
偽りの支配と囚われの身から解放されるのを助けたいと。
我々も、本当に小さく、少ない教会を
スタートされた亨進様から祝福を受け、
お父様がなそうとされる道を歩き始めている。


私は、ほとんどこの世的な見方、
考え方しかできず霊界の話がなかなか入ってこないが、
実際いろいろな役事を目の前にしていくと信じざるを得ず、
物事が願ったように進んでいくのは、面白い、楽しい。

先日、寺中聖殿に見知らぬ人から立派な花が送られたり、
希望の高等学校に合格したり、
若い女子たちが、お菓子をたくさん作り、
今日ありがたくいただいたりした。




ミルクがだめな私に、パテシエを目指す子から
プロ級のとてもおいしい和菓子をいただいた。

正直うれしかった。
また、中学生との勉強会も楽しくできた。
その後の和動もなつかしい安永教会時代を思い出させていただいた。

新たなステージに入っていくと言われる。
音楽で讃美していこうと井上牧師が亨進様と軸を合わせられる。
信仰は謙虚に活動は楽しくを大切にしたい。
病気やきついときはお互い助け合っている。
ために生きている。
青年部やシルバー会が元気だ。
さて、壮年部は何を?
お父様何ができるでしょうか。教えてくださ~い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント