記事一覧

癒し路程

今日は7名の食口が
ハッピーヘルスを受けに、教会に来られました。

ハッピーヘルスとは、
お父様が公認された健康器具です。

朝の訓読会から始まり、
仕事、家事など、
活動的に動いている食口の皆様。
どうしても疲れてしまうこともあります。

そんな時はハッピーヘルス!
寺中ではキイ子さんが、
御船では坂口裕子さんが中心になり、
治療を行ってくださいます。

このハッピーヘルス、
ただの健康器具ではございません。
霊界の協助がすごいんです!
その人の悪いところ、痛いところを
霊界が教えてくださいます。
「なんでわかるんですか!
そこが痛かったんです!」
ということがしばしば。

手が黒ずんで冷えて仕方がなかったのが、
治療により、手が温かくなった人。
鞭打ちによるムカツキが取れた人。
肘の痺れが改善した人。
頭にしつこく取り付いていたボンヤリが取れた人。
等等…

そして何より、
体のことで交流するうちに
たくさんの授受作用ができて、
伝道の取組みが進展することもしばしば。
こちらがより楽しみです。
婦人リーダーの緒方さんは
手応えを感じています。

今日も、治療を受け、授受作用して、
元気に出発する食口たち。

教会は
学校であり、
病院であり、
軍隊である。

と、井上牧師は言います。

まさに!と思う、今日この頃でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント