記事一覧

寺中聖殿 本格再始動

今日から、セミナーを再開しました。
参加者は、12名。
2008年4月18日,「文亨進様 世界会長就任式」の動画。
2016年4月17日の英語説教「天国の種をまく人」
訓読しました。

以下2名の感想文を紹介します。

坂口裕子

地震発生から8日目。
セミナー再開。
10数名で、讃美の歌を始めた途端、涙が溢れて
仕方なかった。
やっと平安な心で、お父様を イエス様を 神様を
讃美できることの喜びを噛み締めた。

ありがたい。心から感謝だった。
お父様から来る光りが、細胞のひとつひとつにしみ込み
体中がジンジンとして、本当に心地良かった。
力づけられ、癒されているのが、良くわかった。

DVDで、お父様の久々の映像に、号泣するような
感動と安堵を覚えた。

亨進様の説教も、久しぶりに大きな霊界の中で
訓読することができた。この様な震災の中、ややもすると
個人霊界に陥ろうとする自分を、再び神様 お父様の方に
引き戻していただいたことに、とても感謝した。


緒方祐亮

今日のセミナーにおいて、亨進様の説教を訓読して、
残った内容は、天一国の具体像である。

今までぼんやりしていた、或いは亨進様がおっしゃる
「理想主義」的な天一国を想像していたが、
亨進様(二代王様)によって、発せられた天一国憲法。
また、今日セミナーで訓読した「天国の種をまく人」
で、ハッキリしてきた。自由な国。それが天一国である。と。

皆 平等に…ではなく、機会は平等であるが、成果は平等
ではない、と。
まさに、「良い地にまかれたものとは、み言を聞いて悟る人の
ことであって、そういう人が実を結ぶ」ということなのだ。

私は、天一国も平和警察軍も、想像すら出来ない フワァッと
したものでしかなかった。
亨進様のみ言によって、お父様とイエス様のみ言が、
天一国の創建の内容が、克明になってくる。

この自由な国、天一国において、私自身しっかりとみ言を聞いて、
悟らなければ、実践しなければ、と強く思います❗️



今の状況は、 坂口家庭に 6家庭 14名で共同生活。
甲斐家庭に 2家庭 8名で共同生活。
那須家庭に2家庭 7名で共同生活。

皆様のご支援に感謝申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント