記事一覧

大ちゃん. から揚げ

田舎の朝は早い。
朝の6時から、有線放送が鳴り出す。
今日のポイントは2点。

一つめは、8時からの公役(クヤク)。
二つめが、大ちゃん.から揚げ。

地震で傷んだ用水路の掃除と整備。
各家庭から1名の参加を呼びかける。
この辺りは、農家の人たちが多い。
水が、ちゃんと水田に引けるかどうか、
田植えができるかどうかは、農家にとって
死活問題である。

私たちの教会から、家内が参加した。
昼頃までいろいろ手伝っていたが、
芳しくなかったようだ。何枚かの田んぼ
まで、水が流れるが、全体に行き渡らない。
農協の人が来たり、土地改良に携わる人が
呼ばれたり、なかなか簡単にはいかない
ようである。


次は、夕方5時から、北九州からから揚げの
お店の人が来てくれる。揚げたての唐揚げを
振舞ってくれるという。
津森神宮の知り合いだという。鳥居の前に
集まれの呼びかけ。

ちょうどその時間、若者が3人教会にいた。
飛んで行った。
並んでる。並んでる。
文字通り、目の前で揚げてくれる。しかも、
肉が冷凍でない。衣に特別な工夫がされて
いるとのこと。
ウマイ 実に旨い❗️
名前が、大ちゃん.唐揚げ。

ここの自治会は、活発だ。特に老人会が
元気なこと、この上ない。
何しろ、有線放送の7割方が老人会活動
のお誘いである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント