記事一覧

テント村出現

どぎゃんかなる!!熊本弁。
どうにかなる。
どんな事態に陥ろうとも道はある。
という意味である。
この言葉が今、熊本の人の心に、
多く呟かれている!!


今日はテント村の紹介をします。
まず、益城町。
登山家、野口健さんが提供してくださった
150張りのテント村。





上の写真はテント村。
下の写真は場所取りをしている様子。


次は、御船町のテント村。
御船町の住民有志が、
町中心部のふれあい広場に
46張りのテント村を開始した。
後発だけに様々な工夫がされ、
快適空間が実現している。













まだ空きが随分あるようです。
知り合いにお知らせすることにしました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント