記事一覧

み言の威力

4月14日の震災から、
被害のなかった我が家での
6家庭の共同生活がスタートした。

始めの2、3日までは、
被害の情報をネットで見たり、
電気が通るとテレビに釘付け。
映像で見ると、心が重くなり、息が苦しい。
でも、テレビはどこも
その悲惨な状況だけを流す。
耐えられなくなり、外に出る。
やっと息ができる。
みんなが言葉を失い、
悲痛にさせられていく。
その日から、我が家からテレビは消えた。
そしてその日から、代わりに、
み言訓読がスタートした!

悟りました!!
マスコミを使って、
サタンがどんどんと私たちに必要以上に心情を落とさせ、
気力を失わせていくことを!
ちくしょう、その手に乗るか!
かわりに、井上牧師の導きで、
お父様のみ言の訓読がスタートした。
私たちが100回訓読した、
馴染み深い「3時間チャート」。

私はこの時の感覚を
今でもよく覚えている。
空腹の子が、
まだ食べたい、まだ食べたい!と言って
貪るように食べる…
おいしい♡うまい♡格別♡
そうだ!!
こんな時に私たちに必要なのは、
米やパンではない!
み言なのだ!!

あ~涙が出る。満たされる~
お父様~と叫びたくなる♡

震災の最中に、神様とお父様から、
本物の食べ物を与えて頂き、
私たちは復活!!

それから、霊界がどんどん動き、
私たちは超早いスピードで
普段の生活に戻りつつある。
み言の有り難さを本当に体恤した、
この震災の共同生活だった。
カムサハムニダ♡



―坂口裕子―
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント