記事一覧

親子の怨讐が解ける

今回登場の大山さん親子には、
拉致監禁の過去があります。
24年前の事です。
43日間監禁されました。
信仰に反対され祝福も教会の結婚なので
快く思われていません。
実家は、三角でみかん農家です。
本人が長男なので
休みには時間を取って家の手伝いをよくしました。
が、父との会話は殆んどありませんでした。
娘たちを連れて行っても
普通のお爺ちゃんお婆ちゃんみたいになれませんでした。

実は昨晩、突然、
ご両親がこの震災を心配して
新しいアパートを訪ねて来られました。
これからは妻キョンジャさんの証言です。


義父と夫がテーブルを挟んで
向かいあって食事をしています。
話しがどんどん進んでいます。
お嫁に来て17年!初めて見る光景です。

二番目の娘のあきが
お爺ちゃんと腕相撲を始めました。
娘の勝利
子どもたちもお爺ちゃんたちも
楽しんでいます。
下の娘まみは、
お婆ちゃんから体育帽の紐付けをしてもらってます。
なんか、あったかい感じで
私が大山家に来て初めて味わう空気でした。

統一教会を辞めた事、
サンクチュアリ教会に繋がった事、
今回被災した私たちを
世界中のサンクチュアリの人たちが
義援金を通して助けてくださった事、
お陰でこのアパートに
引っ越すことが出来た事を報告しました。
義父も義母も
「うん、うん」とうなずいて聞いていました。
二人とも、とっても安心したようでした。
初めてアパートに泊まってくれました。
家族らしい味を味わうことが出来たのは
日本に来て初めての事でした

地震のせいで失ったものも多いですが、
得たものはもっともっとあります。
地震がなければあり得なかった
親と子の切れた心の修復でした。

二代王亨進様、ヨナ様、
そして世界中のサンクチュアリ教会の皆様
ありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント