記事一覧

霊的集中治療室崩壊(CチームがAチームに)

安永教会にも、様々な食口がいる。
そこで、摂理の流れの中で、次第に3チーム
くらいにいつの間にか、分かれていく。

Aチームは、み旨に意欲的で、神様やお父様の
心情の相対に立ちやすい。二言目には、「お父様❗️」
と言っては、涙している。いったん動き出すと、必ず
実績をだす。

Bチームは、ヤル気はある。動いてもみる。的が
外れる。実績は出ない。多少落ち込んでもみる。
しかし、それも長くは続かない。

Cチーム。これは、なかなか手強い。
まず、訓読はする。しかし、み言がわからない。
あるいは、わかったつもりでいる。自分なりの解釈
で思い込んでいるので、手の施しようがない。
そして、人の話を聞かない。下手に牧会しようものなら
とんでもないことになる。牧会した方が、立ち直るのに
時間がかかるし、心がズタズタにされる。

このCチームのことを別名、「集中治療室」と呼んで
いる。

今日、10日路程の準備会議をして驚いた。
今日の会議は、10日路程を勝利に導く為の重要な
核心要員の打ち合わせである。
その中に、震災前のCチームメンバーが3人もいるでは
ないか❗️
震災前は、考えられないことだ。震災を通して、いつの
間にかAチームになっている。一人ひとりの証をジックリ
聞くと、まさに神様が直接手を出して助けてくださり、
手を掴んで導いていらっしゃるのを、感ずる。

元Cチームメンバーがあと2人いたが、彼らも治療室
から、抜け出して立派に前を向いている。哀しい顔を
していたが、今は喜んだ顔が増えた。

霊的集中治療室は、地震でなくなった。
神様 ありがとうございます‼️
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント