記事一覧

ミヤマキリシマ

6月。
ミヤマキリシマが、見頃を迎えている。
今日は、わが夫婦の山の日。
九重連山へ車を走らせる。



さすが、九重。牧戸峠の駐車場は満杯。
久住山へ向かう人が、絶え間なく往き来している。

朝からちょっとした用事を済ませて、
向かったので、着いた時はお昼をまわっていた。
時間が限られているので、黒岩山に足を向けた。



この時期のこの山は、初めてだったが、あるある❗️
ミヤマキリシマ 立派に咲いてる。
それに大好きなドウダンツツジが、あるわ、あるわ❗️
気が遠くなるほどある。
これは、秋の紅葉はいかばかりかと、
イメージを膨らませてしまう❗️

硫黄山の隣の山、山肌一面ピンクに染め上げている。
今日は、霧が立ち込めている。
その霧の合間に突然、
ピンクの山肌が浮き上がる風情は、
どう表現したらいいものか?



ところで、昨日青年たちがイキのいいブログをあげていたが、
少し補足した方が、わかりやすいと思い、
追記します。

昨年10月、PAで油注ぎを二代王様からお受けして、
帰って直ぐに寺中に引っ越すことになった。
地震で護られたのは、既にご存知の通りです。
が、もうひとつ大事なことが、
この地域の人々のことです。
寺中聖殿は、裏庭が広くて畑が出来る広さがあります。
キヨミさんとヤイコさんが、片隅を必死に耕して、
ピーマンとトマト キュウリなど植えていました。

すると、それを見ていた区長さん、
「わしが、耕運機で、耕してあげよう。」
3日前、外出先から帰ってくると、
裏庭を耕し終えた区長さん、
耕運機を動かしている区長さんに、
急いで挨拶しました。

区長さんの奥さんも、お兄さんご夫婦も、
弟さんの御一家も、
とにかく安永教会を愛してくださいます。
お父様が、「気に入ったか⁉️」
と、おっしゃったのは、
家のみならずこの地域のことを、
お伝えされたように思えてなりません。
三代王権につながってから、
人の縁がとてもいいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント