記事一覧

男性たち

セミナーに、仕事が休みだった男性2名を
お呼びした。

大山さんと、吉岡さん。
目的は二つある。ひとつは霊の親子問題。
霊の親が、サンクチュアリーにきていなかったり、
連絡が取れないケースでは、新たに霊の親子を
結縁した方が、問題の対処がうまくいくことが
わかってきた。
そこで、吉岡さんを大山さんの霊の親とするのは、
いかがかと?
ふたりとも快諾され、すぐに結縁式をした。

もうひとつは、那須さんの祝福に向けて、サポート
していただくためである。
那須さんのご主人は、とても人の良い方だ。
問題は、本人である。よくある話ではあるが、まさに
そのもの。なにより問題は、当人が自分に問題がある
とは、夢にも思ってないこと。
和動すれば、「そうです。私が問題なんです。」
と、一応言ってくる。
しかし、それから変わった試しがない。

こういうケースでは、当人にまかせておけば、まず
難しい。そこで、2人の応援をお願いした。

結局のところは、本人次第ではある。
周りが、いくら騒いでも、本人の祝福だから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント