記事一覧

今ほど、幸せなことはない。

今朝の早朝訓読会の感想です。
天聖経「地上生活と霊界」を訓読しています。
どうですか? と 感想を聞いてみました。
その時、70才になるキミヨさんの感想が、
「霊界のことを、こうして学べることが、
嬉しくて、嬉しく。何度も何度も繰り返し
訓読してしまいます。
そして、祝福がこんなにも貴いものなのか!
受けた時は、よくわからないままお受けしたのに
こんなにも尊く、お父様の御苦労の上に与えて
いただいたと思うと、ありがたくて ありがたくて!

こんな幸せを感じるのは、生まれてはじめてです。
これまでは、死というものが、怖くて怖くて。
歳をとると、恐怖心に襲われていました。前していた
信仰には、霊界の教えはありませんでした。

こうして、み言を学ぶと死が恐怖ではなく、なんか
楽しみなんです。だから、霊界のことに関するみ言に
なると、夢中になってしまいます。
こういうことが、本当に幸せなんです。」

そして、こんな話もされました。
1人暮らしをしている時は、若いモンには、迷惑
かけられんと意地張って暮らしていましたが、いつも
死の恐怖に苛まれていました。こうして、家族で
暮らして、一緒に訓読したり、一緒に教会に来たり
するうちに、そういう恐怖は全く消えていました。

ただ、喜びがあるんです。今までの人生、こんな喜び
一回も味わったことありませんでした。
だから、今が本当に幸せなんです。

なんか、嬉しくなるコメントをキヨミさんにいただいて、
こちらまで、嬉しくなる訓読会でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント