記事一覧

収穫の感動

このところわが教会は自給自足の生活についての話題でもちきり。

環境がすごく良い。
まず畑や田んぼがいっぱいある。
後継者がおらず放置されている畑が多くある。
無料で貸して下さる畑(とんでもなく広い)が
メンバーの家のすぐそばにあることが判明。
早速お借りする予定。
メンバーたちも農作業に意欲満々。

それに農業に詳しい身内のお年寄り(大半は80代)が
多くいらっしゃるということ。
有機農法ひとすじの吉岡のおじいちゃん。
山、畑、田んぼいっぱいお持ちの緒方のおじいちゃんおばあちゃん。
美里町の奥田さん。
竹田市の相馬さんは相馬グループをお持ちで大農家。

また、ご近所の区長さんはじめ70代の方々はプロの農家。
益城はスイカの名産地。
隣り村の西原は名産のピーナッツはじめ農産物が豊富。
色々お聞きすると丁寧に教えて下さる。

とまれ教会の裏庭の畑もぼつぼつ収穫できるようになった。
キュウリ、ナス、オクラ、ピーマン。
先日、日曜日はとれたてのそれらと区長さんが
立派なキュウリとナス、カボチャをたくさん下さったので
礼拝後それぞれの家庭にどっさり配った。
それなのに今朝はまたひと抱え収穫できた。
すごい勢いで成長する。
万物の生命の躍動に興奮しきり。


この夏休みは農業実習のプログラムを考えても良いなぁ。
特に近い将来PAに移住希望の2世は必須だと思う、農業が。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント