記事一覧

御写真を奉る❗️ (家庭祭壇)

天聖経(日本語 P300) のお父様のみ言に、

部屋の中に先生の写真をかけて、統一教会の旗を立てれば、天国の一族になるのです。天国の一族にしてあげるのです。

先祖たちが来て、その家に侍ることができる祭壇になるのです。

統班撃破にも、このようなみ言が多くある。


わたしたち安永教会の伝道 教育は、上のみ言を徹底して実践する。
まず、伝道されて原理を学びだした(原理講義受講)メンバー。み言訓読を始めたメンバー(最初の入りは、天国を開く門。原理チャート3時間)。入会の意思を示したメンバーには、すぐに家庭祭壇を設置する。教会に来始めて、一ヶ月から二ヶ月で、ここに至る人が多い。
1番早かったのは、岩本さん(77才)教会に来た日に入会し、自分で祭壇をつくり、おまけにこれまで信心していた観音様まで、元のところに返却していた。
これは、後日ご本人の家を訪問して判明したことである。

日本の家屋には、床の間がある。み言には、最も良い場所に先生の写真かけよ とある。とまれ、最も目立つ場所に家屋祭壇を設置するので、それはその家庭に一騒動持ち上がる。そりゃ〜いろいろある。

設置が、終わると、次が問題である。御写真に侍ることを教える。子どもたちは、実に素直である。保育園児、幼稚園児はみごとである。保育園に行く時も“キョンベー”帰ってからも“キョンベー”。
反して、一番の問題児が、お父さんたちである。妻の持ち込んだ宗教に、簡単に頭を下げる訳にはいかん。
さて、ここにもいろんなタイプの夫人がいる。ある女性は、会社に出かけようとする夫の腕をムンズと掴んで、「ご挨拶」と叫んで祭壇へ引っ張っていく。そのうち、だんだんわかってくる。ちゃんと“キョンベー”すると、イイことがあるのだ❗️
また、ある女性は、冷たく言い放つ。「“キョンベー”しないと、知らんケンネッ❗️❗️」
この冷たい言い放ちも、超効果的である。

ともあれ、御写真を奉ると不思議な天運がやってくる。

サンクチュアリになって、この御写真が問題になった。ご父母様の御写真の前で居心地が悪くなった。
だから、祝福キットの御写真を見て、皆快哉を叫んだ。
三代王権❗️❗️
ああ、ありがたい。
それですぐに、祭壇をつくり変える。自由❗️これをキーワードに、それぞれ趣向を凝らし、家庭祭壇を新たにした。
そうしてみると、実に心地イイ。訓読すると、祭壇から、強烈なパワーが来る。様々な問題が、片づいて行く。

三代王権の御写真 まことに、まことにスーパーナチュラルパワーです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント