記事一覧

主にあっていつも喜びなさい。

あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。
繰り返して言うが、喜びなさい。
あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。
何事も思い煩ってはならない。
ただ、ことごとに、感謝をもって祈りと願いとをささげ、
あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない
神の平安が、あなたがたの心と思いとを、
キリストイエスにあって守るであろう。

ピリピ人への手紙第4章5~7

今日のセミナーは、趣向を変えて、
最近二代王様が礼拝等でお使いになった聖句を中心に
聖書学習会をしました。
ガラテヤ人への手紙と、上記のピリピ人への手紙。

面白いのは、パウロも随分と内的苦労をなさっていらっしゃったのが
手に取るようにわかりました。
そして、聖書は人である。とのみ言が、
ありありと感じられました。

今日は大雨。午前中はすごい雷鳴が轟いていました。
こういう日は内面を見つめるのに、好都合です。

昨日、「明日雨降るから」と、裏の小田さん御夫妻から
少し、急かされながら瓜の作付け準備のため
畝をビニールで覆う作業したり、
シソの移植をしたりしたのが、ドンピシャ!
小田さんの読み通り。
農業始めると、天候はじめ自然の営みにとても敏感になります。
60過ぎたら、霊界に行く準備に農業しなさい。と、おっしゃった
お父様のみ言が、少しづつ体感しています。

そういえば、楽しみにしていたジャガイモ数日前ザックリ
イノシシにもっていかれました。
ご家族でいらっしゃったようで、
それはみごとにヤラレてしまいました。
でも、ちょっと嬉しさもあります。
イノシシさんに相手にしていただけるできばえなんだと思うと、
ど素人農夫としては、ほくそ笑んでしまいます。

数日前、近況を二代王様 王妃様に報告させていただきました。
奴隷の霊ではなく、自由な身になったことがうれしくて、
その時も感謝しましたが、今日聖書を学びながら、
じわりジワリと、天一国の文化、自由と責任の文化が、
ありがたくて、たまらなく平安な心に満たされました。

お父様、ほんとうにありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント