記事一覧

だれも自分を欺いてはならない。

あなたがたは神の宮であって、
神の御霊が自分のうちに宿っていることをしらないのか。
もし人が、神の宮を破壊するなら、
神はその人を滅ぼすであろう。
なぜなら、神の宮は聖なるものであり、
そして、あなたがたはその宮なのだからである。
だれも自分を欺いてはならない。
もしあなたがたのうちに、自分がこの世の知者だと思う人がいるなら、
その人は知者になるために愚かになるがよい。
なぜなら、この世の知恵は、神の前では愚かなものだからである。
「神は、知者たちをその悪知恵によって捕える」と書いてあり、
更にまた、「主は、知者たちの論議のむなしいことを御存知である」と書いてある。
だから、誰も人間を誇ってはいけない。
すべては、あなたがたのものなのである。
パウロも、アポロも、ケパも、世界も、生も、死も、
現在のものも、将来のものも、
ことごとく、あなたがたのものである。
そして、あなたがたはキリストのもの、
キリストは神のものである。

コリント人への第1の手紙第3章16~22


昨日に続いて、聖書学習会。
今日はコリント人への手紙です。
そこの教会は、派閥があってそのことにとても心を痛めている
パウロの心中が吐露されています。

ちょっと何処かと似てますね〜。
ペテロとパウロも、あまり仲良くできなかったようですし、
カソリックとプロテスタントも、
そもそも根っこがその辺にも、ありそうです。

ともあれ、学ぶことの多い時間でした。
近頃の二代王様のリマなさる聖句は、書簡集が多くなりました。
わたしたちに必要なことだと思って、
学ぶと、まぁ食口たちの口から出てくる、出てくる。
堰を切ったようにしゃべくる、しゃべくる。
興奮してそれぞれの課題やら、
問題の答えを得たと大はしゃぎ。
証まで飛び出して賑やかなこと、この上なし。
お父様が、ご覧になって、
楽しんでいらっしゃるのを感じました。

今日は、輝美さんのお誕生日です。
ものすっごく美味しい三厨さんお手製のお昼の後は、
竹元さんが、しっかり手作りしたケーキの出番です。
お紅茶をいただきました。
コーヒーと違って、一味お上品な気がして、
満足して、おひらきになりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント