記事一覧

聖書勉強会

最近のキングのレポートに登場する聖句が、
パウロの書簡集が増えています。
また、最近の質疑応答の中で、東洋の人たちは聖書的
価値観が薄いので云々の み言に接し、前々からやらなければ
と思い続けていた『聖書』に本格的に取り組むことにしました。

まず、相対者と2人で毎日聖書訓読の時間を持つようにしました。
平均1時間、時には30分の時もありますが、時間もまちまち。
夜もあれば昼になることもあります。
ローマ人への手紙からはじめて、福音書に入りました。
訓読を続けて行くうちに、いかに聖書的価値観から遠いところで
信仰生活を送ってきたのか❗️
過ごして来た家庭詐欺連合時代の信仰生活文化が、いかに
非聖書なものであったのかが、痛いほど胸に刺さり、悔い改める
こと、しばしばでした。
いかにキリストを軽んじてしまっていたのか❗️
本人は信じているつもりなので、さらにタチが悪い。

次に、毎朝の訓読会には、使徒行伝を2章づつ訓読を追加しました。
2週間になりますが、ワクワク感が半端ないです。
キリストのなさる役事、夢中になっていると聖書の中から、二代王様が
飛び出して来られるような、不思議な思いになったりします。

そして、2週間前の礼拝から、本格的に聖書訓読礼拝に
切り替えました。そして、二代王様のみ言の理解をサポートする
動機でそうしました。なにしろ、わたしたちの教会メンバーは、
どうしても聖書と縁が乏しいので、リマをしてみてもピンとこない
⁇というひとも多いのです。

聖書とまともに向き合うことから、始めました。
神様の強い導きを感じています。感謝致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント