記事一覧

ねじれ!!

42歳。3人の娘さんをお持ちの日韓家庭婦人です。


家庭連合からサンクチュアリ教会に変わって安永教会ではセミナーがはじまりました。

自分のなかでは、なかなか聖書を受け入れられなくて否定するようになりました。
そこからだんだん、自分自身がおかしくなってきて、
みことばを聞いても心情が復興しないし、ついていけなくなりました。

自分は、お父様についていきたいのに、
ぜんぜんみことばに相対できなくなって、本当に苦しい毎日でした。

こんな私をいつも、教会長と緒方オンニは、
私になんとか元気になってほしい気持ちで魚釣りにつれていってくださいました。
これ以上、心配かけてはいけないと思って頑張ろうとするけど
3~4日でまた自分をせめて、だんだん、心情が落ちていきました。

9月28日のことです。
仕事中に右の足が腫れて痛くなり仕事ができなくなりました。

それからは、歩くのもきついし、立っているだけでも痛いし、毎日が大変でした。

10月6日。朝から電話がありました。
教会長と緒方オンニが、うちに来てくださりヘルスを入れてくださいました。
ヘルスを入れる時に教会長が、私の体がねじれてると言われました。

ヘルスはいつもと違って、頭がどうか、なってしまうのではないか、
狂ってしまうのではないかと思うほどに痛くて…

そう思ったとき、

「あー、自分の心が今までねじれていたんだな」と。

その時、自分の中の悪い物があばれながら出ていくのが感じられました。

私は、次の日、教会長や緒方オンニや坂口オンニ、
やい子オンニに迷惑ばかりかけていたから昼ごはんを作らせて下さいとお願いしました。


そして今日10月8日はセミナーの日です。
いつもと違って心がうれしくて参加できました。

セミナーの中で、聖書は人間が考えて書いた物ではなく、神様のみことばだと。
私は今まで、神様を本当に否定してきたんだなと、申し訳なかったなと心から悔い改めました。


この4か月間は生き地獄でした。
でも、神様は痛みを与えて気づかせてくださるんだなと。
いつも変わらずに私たちを愛してくださるんだなと思いました。

やっと、笑えるようになりました。

また、今回の事を通して、もう一つ教えてもらった事がありました。
自分がだめになると家庭の中もねじれていくのだな思いました。
自分がだめになってから家族での家庭訓読もできなくなってました。
でも、セミナーの前の日から、夜、子供たちと訓読が始められました。

本当に神様とお父様に、感謝いたします。

文慶子
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント