記事一覧

山上の垂訓

こころの貧しい人たちは、さいわいである。から
始まる山上の垂訓は、有名です。
ところで、お父様の歩まれたみ跡を辿ってみると、まさに
ヤンキー大会、ワシントン大会が、山上の垂訓に重なり
ます。

マタイによる福音書の5章から7章が、イエス様の説教全文
です。ザックリと中心テーマを絞り込むと次の聖句です。

マタイによる福音書6章33節
まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらの
ものは、すべて添えて与えられるであろう。

また、
天にいますわれらの父よ、…
二代王様がしきりとおすすめになる主の祈りも、垂訓の中に
あります。
イエス様は、主の祈り。
お父様は、家庭盟誓です。

くどくどと祈るな。(マタイ6-7) とイエス様。
お父様は、
祈祷の中で最高の祈祷は「家庭宣誓」です。「家庭宣誓」は、
真の父母様の戦勝記録です。(平和神経14)

泣きながら訓読会をするのです。先生の心情をいつも感じ
なければなりません。1ページ1ページ、その雰囲気の中で
先生と一つになれるのです。主体と対象が、骨と肉が一つに
なることができる場です。霊界と肉界が一つになり得る場です。
普通の言葉とは違います。小説とは違うのです。ですから、
訓読会を一生懸命にすれば、天がよく分かるようになるのです。
(2000. 2. 14)

イエス様とお父様を対比してみますと、摂理の場面 場面が
重なってきます。お父様は再臨のイエス様だったんだと
しみじみ思います。
今日も、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント