記事一覧

わたしは父から出てこの世にきた。

ヨハネによる福音書16章27節

父ご自身があなたがたを愛しておいでになるから
である。それは、あなたがたがわたしを愛したため、
また、わたしが神のみもとからきたことを信じたた
めである。わたしは父から出てこの世にきたが、また
この世を去って、父のみもとに行くのである。

ヨハネによる福音書17章25節
正しい父よ、この世はあなたを知っていません。しかし、
わたしはあなたを知り、また彼らも、あなたがわたしを
おつかわしになったことを知っています。そしてわたしは
彼らに御名を知らせました。またこれからも知らせましょう。
それは、あなたがわたしを愛して下さったその愛が彼らの
うちにあり、またわたしも彼らのうちにおるためであります。

☆ お父様のみ言から

神様は4千年の間、悲しみながらもその悲しみを表せなかったの
ですが、イエス様は、実体的に涙を流して生きられました。
聖書には、3、4箇所しか出てきませんが、実際イエス様が
涙を流された隠された事実は限りなく多いのです。
神様が数千年の間、摂理歴史を通して愛してこられたユダヤの民
を見つめると、いかなる瞬間も涙を流さなかったことがなかった
のです。イエス様は、神様に祈るたびに涙を流されました。困難
で孤独な出来事にぶつかるたびにイエス様は、父だけが分かって
くださる中で悲しまれたのです。けれどもイエス様は、このよう
な悲しみを弟子たちに話せませんでした。そのようなイエス様の
事情を知らなければなりません。イエス様が、オリーブ山に登って
夜を明かして祈られたのは、一度や二度ではありません。ゲッセマネ
の園においてだけ祈られたのではありません。
困難な道を歩まれながらも、悲しみの事情を申し上げられるのは
天しかなかったのです。だからといって、その悲しみを天に任せ
ようとされたのではありません。むしろ、その悲しみを自分が引き
受け、背負わせてくださるように祈ったのです。「父よ❗️わたしを
ご覧になって悲しまれるその悲しみを私が引き受けますので、父よ❗️
私を御覧になって慰めを受けてください。父の悲しみを私が耐えます
ので、悲しまないでください」と訴えたのです。
そして「4,000年の御苦労に私が責任を負いますので、父よ、心配
なさらないでください。私がいますので、父の希望が残っていますの
で心配なさらないでください」という祈祷ばかりをしたのです。
( 1956, 12, 22 )

★ イエス様にしても、お父様にしても神様の内情をあまりにも御存知
です。まさに神の御子たる所以です。
今日もキリストの愛と恩寵に感謝します。ありがとうございます。😊
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。