記事一覧

自分の郷里では、歓迎されないものである。

ルカによる福音書4章16節

4:16それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。 4:17すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、
4:18「主の御霊がわたしに宿っている。
貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、
わたしを聖別してくださったからである。
主はわたしをつかわして、
囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、
打ちひしがれている者に自由を得させ、
4:19主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。
4:20イエスは聖書を巻いて係りの者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。 4:21そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。 4:22すると、彼らはみなイエスをほめ、またその口から出て来るめぐみの言葉に感嘆して言った、「この人はヨセフの子ではないか」。 4:23そこで彼らに言われた、「あなたがたは、きっと『医者よ、自分自身をいやせ』ということわざを引いて、カペナウムで行われたと聞いていた事を、あなたの郷里のこの地でもしてくれ、と言うであろう」。 4:24それから言われた、「よく言っておく。預言者は、自分の郷里では歓迎されないものである。 4:25よく聞いておきなさい。エリヤの時代に、三年六か月にわたって天が閉じ、イスラエル全土に大ききんがあった際、そこには多くのやもめがいたのに、 4:26エリヤはそのうちのだれにもつかわされないで、ただシドンのサレプタにいるひとりのやもめにだけつかわされた。 4:27また預言者エリシャの時代に、イスラエルには多くのらい病人がいたのに、そのうちのひとりもきよめられないで、ただシリヤのナアマンだけがきよめられた」。 4:28会堂にいた者たちはこれを聞いて、みな憤りに満ち、 4:29立ち上がってイエスを町の外へ追い出し、その町が建っている丘のがけまでひっぱって行って、突き落そうとした。 4:30しかし、イエスは彼らのまん中を通り抜けて、去って行かれた。

イエス様の故郷ナザレでの様子です。
崖から突き落とそうとするとは、なんというヒドイ
話でしょう。
再臨主お父様は、私たちに氏族メシアを任命されました。
御子イエス様の恨を解くことも、私たちに願われたことの
ひとつでした。

お父様のみ言です。
これから先生が霊界に行けば、皆さんは何を信じて生きる
のですか。父母様が残しておいたみ言に従い得る後世に
なってこそ、その万国、万民全体が永遠の天上に近づいて
いけるのです。先祖を尊重し、先祖が残した遺物と、先祖が
訓示として残したみ言を主体として、暗い世界の灯台のように
見つめ、それを力とし、暗い海に暗礁が幾重にも重なる世界
をかき分けていける、自立と解放の道を歩んでいけるのです。
(2003, 11, 7 )
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント