記事一覧

網をおろして漁をしてみなさい

ルカによる福音書5章

さて、群衆が神の言を聞こうとして押し寄せてきたとき、イエスはゲネサレ湖畔に立っておられたが、 5:2そこに二そうの小舟が寄せてあるのをごらんになった。漁師たちは、舟からおりて網を洗っていた。 5:3その一そうはシモンの舟であったが、イエスはそれに乗り込み、シモンに頼んで岸から少しこぎ出させ、そしてすわって、舟の中から群衆にお教えになった。 5:4話がすむと、シモンに「沖へこぎ出し、網をおろして漁をしてみなさい」と言われた。 5:5シモンは答えて言った、「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした。しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」。 5:6そしてそのとおりにしたところ、おびただしい魚の群れがはいって、網が破れそうになった。 5:7そこで、もう一そうの舟にいた仲間に、加勢に来るよう合図をしたので、彼らがきて魚を両方の舟いっぱいに入れた。そのために、舟が沈みそうになった。 5:8これを見てシモン・ペテロは、イエスのひざもとにひれ伏して言った、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」。 5:9彼も一緒にいた者たちもみな、取れた魚がおびただしいのに驚いたからである。 5:10シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブとヨハネも、同様であった。すると、イエスがシモンに言われた、「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。 5:11そこで彼らは舟を陸に引き上げ、いっさいを捨ててイエスに従った。

イエス様が、ペテロを導かれた場面です。後に3弟子となる
3名が、いっさいを捨ててイエス様に従いました。

お父様のみ言です。
訓読会は、儀礼的なものではなく、絶対的です。自分が失って
しまったものを探し立てるための旅に出発するのです。マラソン
選手がゴールに向かって走るとき、今何キロ地点と、表示されて
いる標識を見ながら走っていくのと同じです。先生の語ったみ言
を訓読して、「その道を自分も行こう」と決意する、そのために
するのが訓読会です。( 2001, 11, 27 )
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント