記事一覧

人知をはるかに越えたキリストの愛

エペソ人への手紙3章14節

こういうわけで、わたしはひざをかがめて、
天上にあり地上にあって「父」と呼ばれているあらゆるものの源なる父に祈る。
どうか父が、その栄光の富にしたがい、御霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強くして下さるように、
また、信仰によって、キリストがあなたがたの心のうちに住み、あなたがたが愛に根ざし愛を基として生活することにより、
すべての聖徒と共に、その広さ、長さ、高さ、深さを理解することができ、
また人知をはるかに越えたキリストの愛を知って、神に満ちているもののすべてをもって、あなたがたが満たされるように、と祈る。

今日は、日曜礼拝。
天一宮での焚火証会の動画3本観ました。やはり、お父様が聖和後、全地球星まるごとお抱えになり、天宙までひっくるめて役事なさっていらっしゃるのを感じて、嬉しくなりました。

お父様のみ言です。

『天国を開く門 真の家庭』の内容は、体験と事実を記録した生涯の記録であり、標準的な世界を歩んでいく表象的な法度の生活なので、これに一致しない人は不合格者です。霊界人になってみてください。霊界の無限な世界で、永遠の生命において未完成な人間としてさまようことが、どれほど悲惨で悲痛であるかを知らなければなりません。ですから、自分勝手に生きてはいけません。肉身生活は、皆さんが霊界の理想的世界を学んでいける教育の場所、学校です。 (2009, 4, 29)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント