記事一覧

主の使いがピリポにむかって言った。

使徒行伝8章26節

しかし、主の使がピリポにむかって言った、「立って南方に行き、エルサレムからガザへ下る道に出なさい」(このガザは、今は荒れはてている)。
そこで、彼は立って出かけた。すると、ちょうど、エチオピヤ人の女王カンダケの高官で、女王の財宝全部を管理していた宦官であるエチオピヤ人が、礼拝のためエルサレムに上り、
その帰途についていたところであった。彼は自分の馬車に乗って、預言者イザヤの書を読んでいた。
御霊がピリポに「進み寄って、あの馬車に並んで行きなさい」と言った。
そこでピリポが駆けて行くと、預言者イザヤの書を読んでいるその人の声が聞えたので、「あなたは、読んでいることが、おわかりですか」と尋ねた。
彼は「だれかが、手びきをしてくれなければ、どうしてわかりましょう」と答えた。そして、馬車に乗って一緒にすわるようにと、ピリポにすすめた。

彼が読んでいた聖書の箇所は、これであった、「彼は、ほふり場に引かれて行く羊のように、また、黙々として、毛を刈る者の前に立つ小羊のように、口を開かない。
彼は、いやしめられて、そのさばきも行われなかった。だれが、彼の子孫のことを語ることができようか、彼の命が地上から取り去られているからには」。

宦官はピリポにむかって言った、「お尋ねしますが、ここで預言者はだれのことを言っているのですか。自分のことですか、それとも、だれかほかの人のことですか」。
そこでピリポは口を開き、この聖句から説き起して、イエスのことを宣べ伝えた。
道を進んで行くうちに、水のある所にきたので、宦官が言った、「ここに水があります。わたしがバプテスマを受けるのに、なんのさしつかえがありますか」。
これに対して、ピリポは、「あなたがまごころから信じるなら、受けてさしつかえはありません」と言った。すると、彼は「わたしは、イエス・キリストを神の子と信じます」と答えた。〕
そこで車をとめさせ、ピリポと宦官と、ふたりとも、水の中に降りて行き、ピリポが宦官にバプテスマを授けた。
ふたりが水から上がると、主の霊がピリポをさらって行ったので、宦官はもう彼を見ることができなかった。宦官はよろこびながら旅をつづけた。
その後、ピリポはアゾトに姿をあらわして、町々をめぐり歩き、いたるところで福音を宣べ伝えて、ついにカイザリヤに着いた。


イエス様が、地上にいらっしゃる時、「神様を見せてください。」と言ったあのピリポです。ペンテコステ後のピリポ、主の導きのままに活き活きとした宣教のわざに励んでいます。


メシヤのみ旨とは何でしょうか。縦的な基盤完結を見て、横的基盤の出現を成立させることです。そうであるなら、メシヤとは何でしょうか。すべてを、神様と人類が行くべき公義の目的を縦的な基準に一致させ、個人的な縦的完成標準、家庭的な縦的完成 標準、国家的な縦的完成標準、世界的 な縦的完成標準を完成させるためにその内的計画をすべて掌握して来られる方が再臨主だというのです。(71-79,1974.4.28) (天聖経P 194 )

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント