FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゼキヤは使者の手から手紙を

列王紀下19章14節

19:14ヒゼキヤは使者の手から手紙を受け取ってそれを読み、主の宮にのぼっていって、主の前にそれをひろげ、 19:15そしてヒゼキヤは主の前に祈って言った、「ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、主よ、地のすべての国のうちで、ただあなただけが神でいらせられます。あなたは天と地を造られました。 19:16主よ、耳を傾けて聞いてください。主よ、目を開いてごらんください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉をお聞きください。 19:17主よ、まことにアッスリヤの王たちはもろもろの民とその国々を滅ぼし、 19:18またその神々を火に投げ入れました。それらは神ではなく、人の手の作ったもので、木や石だから滅ぼされたのです。 19:19われわれの神、主よ、どうぞ、今われわれを彼の手から救い出してください。そうすれば地の国々は皆、主であるあなただけが神でいらせられることを知るようになるでしょう」。 19:20その時アモツの子イザヤは人をつかわしてヒゼキヤに言った、「イスラエルの神、主はこう仰せられる、『アッスリヤの王セナケリブについてあなたがわたしに祈ったことは聞いた』。 19:21主が彼について語られた言葉はこうである、
『処女であるシオンの娘は
あなたを侮り、あなたをあざける。
エルサレムの娘は
あなたのうしろで頭を振る。
19:22あなたはだれをそしり、だれをののしったのか。
あなたはだれにむかって声をあげ、
目を高くあげたのか。
イスラエルの聖者にむかってしたのだ。
19:23あなたは使者をもって主をそしって言った、
「わたしは多くの戦車をひきいて山々の頂にのぼり、
レバノンの奥に行き、
たけの高い香柏と最も良いいとすぎを切り倒し、
またその果の野営地に行き、
その密林にはいった。
19:24わたしは井戸を掘って外国の水を飲んだ。
わたしは足の裏で、
エジプトのすべての川を踏みからした」。
19:25あなたは聞かなかったか、
昔わたしがこれを定めたことを。
堅固な町々をあなたが荒塚とすることも、
いにしえの日からわたしが計画して
今これをおこなうのだ。
19:26そのうちに住む民は力弱くおののき、恥をいだいて、
野の草のように、青菜のようになり、
育たないで枯れる屋根の草のようになった。
19:27わたしはあなたのすわること、出入りすること、
わたしにむかって怒り叫んだことをも知っている。
19:28あなたがわたしにむかって怒り叫んだことと、
あなたの高慢がわたしの耳にはいったため、
わたしはあなたの鼻に輪をつけ、
あなたの口にくつわをはめて、
あなたをもときた道へ引きもどすであろう』。
19:29『あなたに与えるしるしはこれである。すなわち、ことしは落ち穂からはえたものを食べ、二年目にはまたその落ち穂からはえたものを食べ、三年目には種をまき、刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べるであろう。 19:30ユダの家ののがれて残る者は再び下に根を張り、上に実を結ぶであろう。 19:31すなわち残る者がエルサレムから出てき、のがれた者がシオンの山から出て来るであろう。主の熱心がこれをされるであろう』。
19:32それゆえ、主はアッスリヤの王について、こう仰せられる、『彼はこの町にこない、またここに矢を放たない、盾をもってその前に来ることなく、また塁を築いてこれを攻めることはない。 19:33彼は来た道を帰って、この町に、はいることはない。主がこれを言う。 19:34わたしは自分のため、またわたしのしもべダビデのためにこの町を守って、これを救うであろう』」。
19:35その夜、主の使が出て、アッスリヤの陣営で十八万五千人を撃ち殺した。人々が朝早く起きて見ると、彼らは皆、死体となっていた。 19:36アッスリヤの王セナケリブは立ち去り、帰って行ってニネベにいたが、 19:37その神ニスロクの神殿で礼拝していた時、その子アデランメレクとシャレゼルが、つるぎをもって彼を殺し、ともにアララテの地へ逃げて行った。そこでその子エサルハドンが代って王となった。


☆ ヒゼキヤの切実な祈りに応えられた神様でした。


天聖経 P 925

 神様は、神様と人間が主体と対象として縦的な愛の関係を完成させることだけを目標とされたのではありません。縦的な愛を完成して、アダムとエバの横的愛の結実をもたらそうとされたのです。その瞬間が、正に内的父母であられる神様が外的父母であるアダムとエバと完全一体を成すために臨在される、愛の理想成就の瞬間です。
 無形の父母であられる神様が、アダムとエバの形状をもって有形世界に永存なさる父母になるのです。この時アダムとエバは、真の父母、真の先祖になるのです。(135-10,1985.8.20)

 神様が心と体に宿った、そのような愛をもった男性と女性が結婚すれば、それは誰の結婚になりますか。誰の結婚になるのかというのです。人間の結婚であると同時に、神様の結婚です。驚くべき話です。
 既成教会の信徒たちから見ると、驚き倒れる話です。「あんなことを言うから異端だと言うのだ」と言うのです。異端は誰ですか。本当の異端は誰なのか、霊界に行ってみてください。(248-284,1993.10.3)

☀︎ 今日は、天暦の11月1日、月初めの敬礼式訓読会を、いつものように行ないました。早朝4時50分から、20名ほどの参加でした。天聖経の「人間の生と霊魂の世界 第3章真の父母様と霊界」を訓読しました。その御言に酔いしれてしまいました。以前も何度も訓読してきたのに、今は時が違うのか、み言がパワフルに立ち上がりわたしたちの内なる世界に渦を巻いて行きます。お父様 ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。