記事一覧

その日あなたは言う。

イザヤ書12章

その日あなたは言う、「主よ、わたしはあなたに感謝します。あなたは、さきにわたしにむかって怒られたが、その怒りはやんで、わたしを慰められたからです。
見よ、神はわが救である。わたしは信頼して恐れることはない。主なる神はわが力、わが歌であり、わが救となられたからである」。


☆ 18日のリマでした。

創世記27章18節

27:18そこでヤコブは父の所へ行って言った、「父よ」。すると父は言った、「わたしはここにいる。子よ、あなたはだれか」。 27:19ヤコブは父に言った、「長子エサウです。あなたがわたしに言われたとおりにいたしました。どうぞ起きて、すわってわたしのしかの肉を食べ、あなたみずからわたしを祝福してください」。 27:20イサクはその子に言った、「子よ、どうしてあなたはこんなに早く手に入れたのか」。彼は言った、「あなたの神、主がわたしにしあわせを授けられたからです」。 27:21イサクはヤコブに言った、「子よ、近寄りなさい。わたしは、さわってみて、あなたが確かにわが子エサウであるかどうかをみよう」。 27:22ヤコブが、父イサクに近寄ったので、イサクは彼にさわってみて言った、「声はヤコブの声だが、手はエサウの手だ」。 27:23ヤコブの手が兄エサウの手のように毛深かったため、イサクはヤコブを見わけることができなかったので、彼を祝福した。 27:24イサクは言った、「あなたは確かにわが子エサウですか」。彼は言った、「そうです」。 27:25イサクは言った、「わたしの所へ持ってきなさい。わが子のしかの肉を食べて、わたしみずから、あなたを祝福しよう」。ヤコブがそれを彼の所に持ってきたので、彼は食べた。またぶどう酒を持ってきたので、彼は飲んだ。 27:26そして父イサクは彼に言った、「子よ、さあ、近寄ってわたしに口づけしなさい」。 27:27彼が近寄って口づけした時、イサクはその着物のかおりをかぎ、彼を祝福して言った、
「ああ、わが子のかおりは、
主が祝福された野のかおりのようだ。
27:28どうか神が、天の露と、
地の肥えたところと、多くの穀物と、
新しいぶどう酒とをあなたに賜わるように。
27:29もろもろの民はあなたに仕え、
もろもろの国はあなたに身をかがめる。
あなたは兄弟たちの主となり、
あなたの母の子らは、
あなたに身をかがめるであろう。
あなたをのろう者はのろわれ、
あなたを祝福する者は祝福される」。


☆ 父イサクが、ヤコブを祝福する場面です。


天聖経 P 822

 男性と女性のその器官がどれほど貴いか知らなければなりません。神様が降りてくるのです。神様の解放がここから始まり、神様の歌と踊りもその上から始まるのです。それが愛の王宮、永遠の王宮と通じるのです。地上天国、天上天国の初愛の門がそこから始まるのです。そうだと思いますか、うそだと思いますか。
 皆さん、独身のとき、そのように貴く思っていましたか。初愛は本当に重要です。初愛を間違えれば、天下がす べて地獄へ行くのです。ここで愛の王宮を失い、生命の王宮を失い、血統の歴史とすべてを失ってしまい、地上 天国と天上天国の起源を失ってしまいました。その人は、どこに行くでしょうか。原理原則があるのにどこに行きますか。存続する所がないのです。ごみ箱に入るのです。永遠に暮らせるようになっていた人間ですが、逆さまになってごみ箱に入っていかざるを得ないのです。(201-27,1994.5.15)

 男性完成、女性完成、神様まで完成させることができるその本郷は、どこでしょうか。どこで神様の愛を完成させることができ、どこで男性、女性を完成させることができるのでしょうか。その中心の定着地は、どこでしょうか。これが問題なのです。これを知らなければ、地上に愛の理想天国を拡張、拡大できません。それは目ですか 鼻ですか、手ですか、足ですか。どこですか。(「凹凸です」)。(261-167,1994.6.9)

 男性と女性、凹凸が一つになることは、神様が完成し、半分である女性、半分である男性が完成する立場です。男女が結婚し初愛の関係を結ぶその場から、神様の愛的理想が完成する定着地が生まれるのです。男性と女性の愛を中心とした神様の相対的位置としての完成の位置が決定するのです。これは宇宙の核です。これが動けば、宇宙全体が行ったり来たりします。地上天国の本拠地であり、天上天国の本拠地だというのです。 ここは愛の本然の地ですから、愛の本宮といいます。多くの王宮の中で中心宮を本宮といいます。これが愛の本宮であり、生命の本宮であり、血統の本宮であり、それから天上天国と地上天国の出発地であり、人間が願う自由と幸福と平和がここから始まるのです。そこは愛、生命、血統すべてのものの王宮であり、個人、家庭、氏族、民族 がそこから連結されるのです。天上天国と地上天国の本然の地であり、出発地だということを知らなければなりません。それから、自由と幸福と平和の起源です。女性にとって男性がいなければ絶対暗黒であり、男性にとって女性がいなければ絶対暗黒です。(261-173,1994.6.9)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。