記事一覧

ダビデを王に

歴代志上12章

放浪時の味方
12-1ダビデがキシの子サウルにしりぞけられて、なおチクラグにいた時、次の人々が彼のもとに来た。彼らはダビデを助けて戦った勇士たちのうちにあり、12-2弓をよくする者、左右いずれの手をもってもよく矢を射、石を投げる者で、ともにベニヤミンびとで、サウルの同族である。12-3そのかしらはアヒエゼル、次はヨアシで、ともにギベア出身のシマアの子たちである。またエジエルとペレテで、ともにアズマウチの子たちである。またベラカおよびアナトテ出身のエヒウ。12-4またギベオン出身のイシマヤ、彼は三十人のうちの勇士で、その三十人の長である。またエレミヤ、ヤハジエル、ヨハナン、ゲデラ出身のヨザバデ、12-5エルザイ、エリモテ、ベアリヤ、シマリヤ、ハリフびとシパテヤ、12-6エルカナ、イシア、アザリエル、ヨエゼル、ヤショベアムで、これらはコラびとである。12-7またゲドルのエロハムの子たちであるヨエラおよびゼバデヤである。

12-8ガドびとのうちから荒野の要害に来て、ダビデについた者は皆勇士で、よく戦う軍人、よく盾とやりをつかう者、その顔はししの顔のようで、その速いことは山にいるしかのようであった。12-9彼らのかしらはエゼル、次はオバデヤ、第三はエリアブ、12-10第四はミシマンナ、第五はエレミヤ、12-11第六はアッタイ、第七はエリエル、12-12第八はヨハナン、第九はエルザバデ、12-13第十はエレミヤ、第十一はマクバナイである。12-14これらはガドの子孫で軍勢の長たる者、その最も小さい者でも百人に当り、その最も大いなる者は千人に当った。12-15正月、ヨルダンがその全岸にあふれたとき、彼らはこれを渡って、谷々にいる者をことごとく東に西に逃げ走らせた。

まず、ベニヤミンとユダ
12-16ベニヤミンとユダの子孫のうちの人々が要害に来て、ダビデについた。12-17ダビデは出て彼らを迎えて言った、「あなたがたが好意をもって、わたしを助けるために来たのならば、わたしの心もあなたがたと、ひとつになりましょう。しかし、わたしの手になんの悪事もないのに、もしあなたがたが、わたしを欺いて、敵に渡すためであるならば、われわれの先祖の神がどうぞみそなわして、あなたがたを責められますように」。12-18時に霊が三十人の長アマサイに臨み、アマサイは言った、


☆ サムエルから油注ぎを受けて、サウル王に仕えるダビデに次々と困難が押し寄せます。そんな中、イスラエル全土から武器を取る愛国者たちが続々とダビデのもとに集結していきます。


20節
12-20ダビデがチクラグへ行ったとき、マナセびとアデナ、ヨザバデ、エデアエル、ミカエル、ヨザバデ、エリウ、ヂルタイが彼についた。皆マナセびとの千人の長であった。12-21彼らはダビデを助けて敵軍に当った。彼らは皆大勇士で軍勢の長であった。12-22ダビデを助ける者が日に日に加わって、ついに大軍となり、神の軍勢のようになった。


☆ 彼ら愛国者たちにとって、ダビデは希望の灯火であったことでしょう。もっとも困難な時に集った愛国の志士たちがダビデ王国の基盤となっていきました。当時の国造りの物語です。


天聖経 P 1928

さあ、6000年間神様に打撃を与え、苦しめてきたサタンが、そのままおとなしく、「ああ、我は降りる」と言って目を伏せて引き下がるでしょうか。 皆さんは、ぼろの雑巾でも、捨てようとすればもったいないと思いますね。ぼろでも裏返しで臭いをかいでみてから捨てるでしょう。サタンがそのまま引き下がるわけがありません。しぶとく闘いを挑んでくるのです。ですから中心に合わせなければなりません。統一教会の文先生も、中心から外れれば折れて出ていくのです。方向が合わなければ発展しないのです。(57-276,1972.6.4)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。