FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロス王の布告

エズラ記1章

ペルシャ王クロスの元年に、主はさきにエレミヤの口によって伝えられた主の言葉を成就するため、ペルシャ王クロスの心を感動されたので、王は全国に布告を発し、また詔書をもって告げて言った、
「ペルシャ王クロスはこのように言う、天の神、主は地上の国々をことごとくわたしに下さって、主の宮をユダにあるエルサレムに建てることをわたしに命じられた。
あなたがたのうち、その民である者は皆その神の助けを得て、ユダにあるエルサレムに上って行き、イスラエルの神、主の宮を復興せよ。彼はエルサレムにいます神である。
すべて生き残って、どこに宿っている者でも、その所の人々は金、銀、貨財、家畜をもって助け、そのほかにまたエルサレムにある神の宮のために真心よりの供え物をささげよ」。
そこでユダとベニヤミンの氏族の長、祭司およびレビびとなど、すべて神にその心を感動された者は、エルサレムにある主の宮を復興するために上って行こうと立ち上がった。
その周囲の人々は皆、銀の器、金、貨財、家畜および宝物を与えて彼らを力づけ、そのほかにまた、もろもろの物を惜しげなくささげた。



★ エレミヤによって伝えられた主のみ言に、強く感動したペルシャ王のクロスは、エルサレムへの帰還と主の宮の再興を命じます。こうして、イスラエルの不信仰ゆえのバビロン捕囚が終わりを告げました。
トランプ大統領就任直前に、「神様はトランプ大統領をクロス王の立場におたてになった。」と明言された二代王様。第1イスラエルは、クロス王によって神様の王国創建に備えその中心として来られるメシア、イエス様を迎える準備に入りました。
第3イスラエルたるわたしたちは、神の王国創建の聖使命を、帯びています。天一国憲法、トランプ大統領の動き、神様の次々に繰り出されるたて続けの摂理に驚嘆するばかりです。今週は二代王様は、スイスのジュネーブに国際会議のため出国なさいます。GOAの会長も参加されます。


天聖経 P 1457



 私が生まれる時に、何を動員して生まれたのでしょうか。本来、創造理想である神様の愛を中心として愛を通して造られた実体である、母親と父親の生命が激動して、完全に100パーセント沸き立ち、一つになって生まれました。これを煮え立たせたのは何でしょうか。愛を通して男性と女性が完全に和合するのです。細胞が完全に沸き立って、その父母の愛を根拠とした生前と血統、血を受け継いで私が生まれたのです。それゆえ、私という存在は何かというと、父母の愛の結実です。私は、両親の愛の結実だということです。(213-157, 1991.1.20)

 神様の創造原則において、女性が生まれたのは男性のためであり、男性は女性のために生まれたという根本を知らなければなりません。互いのために生まれたのですから、その中心は何かというと相手です。自分ではありません。男性にとっては女性が中心であり、女性には男性が中心なのです。自分によって生まれたのではありません。自分から出発したのではありません。
 なぜ神様が創造したかというとき、「愛のゆえに創造した」と聞いたならば宇宙がどれほど平和になり、どれほど近く感じられることでしょうか。つまり、神様の絶対的愛をもっているのですから、その相対は、永生するのです。それが最も貴いことなのです。(215-300,1991.2.21)


ランキングに参加しています。
よければクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。