記事一覧

イスラエルよ、聞きなさい。

申命記9章

イスラエルよ、聞きなさい。あなたは、きょう、ヨルダンを渡って行って、あなたよりも大きく、かつ強い国々を取ろうとしている。その町々は大きく、石がきは天に達している。
その民は、あなたの知っているアナクびとの子孫であって、大きく、また背が高い。あなたはまた『アナクの子孫の前に、だれが立つことができようか』と人の言うのを聞いた。
それゆえ、あなたは、きょう、あなたの神、主は焼きつくす火であって、あなたの前に進まれることを知らなければならない。主は彼らを滅ぼし、彼らをあなたの前に屈伏させられるであろう。主があなたに言われたように、彼らを追い払い、すみやかに滅ぼさなければならない。
あなたの神、主があなたの前から彼らを追い払われた後に、あなたは心のなかで『わたしが正しいから主はわたしをこの地に導き入れてこれを獲させられた』と言ってはならない。この国々の民が悪いから、主はこれをあなたの前から追い払われるのである。
あなたが行ってその地を獲るのは、あなたが正しいからではなく、またあなたの心がまっすぐだからでもない。この国々の民が悪いから、あなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるのである。これは主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓われた言葉を行われるためである。


☆ ヨルダン川を渡る前に、イスラエルの民に語りかけられる神様です。この後アロンが亡くなり、やがてはモーセもカナンを目前にして死んで行きます。120歳で死に臨んだモーセでしたが、目はかすまず、気力は衰えていなかった。と聖書には書かれています。


天聖経 P 123
 最後に残るものは何でしょうか。プラス人間、神人、神人の生きる道、神人の生活観です。人生観も同じよう に、神人人生観、神人世界観です。
それは、漠然と神様のことを人が知り得る程度の位置ではなく、人が永遠に離れようとしても離れられない位置です。
 なぜでしょうか。神様と人は、本来離れることのできない位置から離れたので、離れることのできなかったその位置以上の位置に到達しなければなりません。そのような位置で神人が一つとなった生活的な舞台、世界的な舞台を要求していかなければならないのです。(65-127,1972.11.5)

 神様は「ため」に生きる宇宙の中心存在なので、その近くに行けば、千年、万年主管されても、もっと主管されたいのです。
 神様を中心とした侍る道理がそのようになっているため、今日、私たち人間もそうした立場で主管されればそれ以上の幸福はないという事実を、私たちは想像すらできませんでした。(77-328,1975.4.30)


ランキングに参加しています。
よければクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。