記事一覧

ヤラベアム 誰と相談したか?

列王紀上11章26節
11:26ゼレダのエフライムびとネバテの子ヤラベアムはソロモンの家来であったが、その母の名はゼルヤといって寡婦であった。彼もまたその手をあげて王に敵した。 11:27彼が手をあげて、王に敵した事情はこうである。ソロモンはミロを築き、父ダビデの町の破れ口をふさいでいた。 11:28ヤラベアムは非常に手腕のある人であったが、ソロモンはこの若者がよく働くのを見て、彼にヨセフの家のすべての強制労働の監督をさせた。 11:29そのころ、ヤラベアムがエルサレムを出たとき、シロびとである預言者アヒヤが道で彼に会った。アヒヤは新しい着物を着ていた。そして彼らふたりだけが野にいた。 11:30アヒヤは着ている着物をつかんで、それを十二切れに裂き、 11:31ヤラベアムに言った、「あなたは十切れを取りなさい。イスラエルの神、主はこう言われる、『見よ、わたしは国をソロモンの手から裂き離して、あなたに十部族を与えよう。 11:32(ただし彼はわたしのしもべダビデのために、またわたしがイスラエルのすべての部族のうちから選んだ町エルサレムのために、一つの部族をもつであろう)。 11:33それは彼がわたしを捨てて、シドンびとの女神アシタロテと、モアブの神ケモシと、アンモンの人々の神ミルコムを拝み、父ダビデのように、わたしの道に歩んで、わたしの目にかなう事を行い、わたしの定めと、おきてを守ることをしなかったからである。 11:34しかし、わたしは国をことごとくは彼の手から取らない。わたしが選んだ、わたしのしもべダビデが、わたしの命令と定めとを守ったので、わたしは彼のためにソロモンを一生の間、君としよう。 11:35そして、わたしはその子の手から国を取って、その十部族をあなたに与える。 11:36その子には一つの部族を与えて、わたしの名を置くために選んだ町エルサレムで、わたしのしもべダビデに、わたしの前に常に一つのともしびを保たせるであろう。 11:37わたしがあなたを選び、あなたはすべて心の望むところを治めて、イスラエルの上に王となるであろう。 11:38もし、あなたが、わたしの命じるすべての事を聞いて、わたしの道に歩み、わたしの目にかなう事を行い、わたしのしもべダビデがしたように、わたしの定めと戒めとを守るならば、わたしはあなたと共にいて、わたしがダビデのために建てたように、あなたのために堅固な家を建てて、イスラエルをあなたに与えよう。 11:39わたしはこのためにダビデの子孫を苦しめる。しかし永久にではない』」。 11:40ソロモンはヤラベアムを殺そうとしたが、ヤラベアムは立ってエジプトにのがれ、エジプト王シシャクのところへ行って、ソロモンの死ぬまでエジプトにいた。
11:41ソロモンのそのほかの事績と、彼がしたすべての事およびその知恵は、ソロモンの事績の書にしるされているではないか。 11:42ソロモンがエルサレムでイスラエルの全地を治めた日は四十年であった。 11:43ソロモンはその先祖と共に眠って、父ダビデの町に葬られ、その子レハベアムが代って王となった。


列王記上12章25節
12:25ヤラベアムはエフライムの山地にシケムを建てて、そこに住んだ。彼はまたそこから出てペヌエルを建てた。 12:26しかしヤラベアムはその心のうちに言った、「国は今ダビデの家にもどるであろう。 12:27もしこの民がエルサレムにある主の宮に犠牲をささげるために上るならば、この民の心はユダの王である彼らの主君レハベアムに帰り、わたしを殺して、ユダの王レハベアムに帰るであろう」。 12:28そこで王は相談して、二つの金の子牛を造り、民に言った、「あなたがたはもはやエルサレムに上るには、およばない。イスラエルよ、あなたがたをエジプトの国から導き上ったあなたがたの神を見よ」。 12:29そして彼は一つをベテルにすえ、一つをダンに置いた。 12:30この事は罪となった。民がベテルへ行って一つを礼拝し、ダンへ行って一つを礼拝したからである。 12:31彼はまた高き所に家を造り、レビの子孫でない一般の民を祭司に任命した。 12:32またヤラベアムはユダで行う祭と同じ祭を八月の十五日に定め、そして祭壇に上った。彼はベテルでそのように行い、彼が造った子牛に犠牲をささげた。また自分の造った高き所の祭司をベテルに立てた。 12:33こうして彼はベテルに造った祭壇に八月の十五日に上った。これは彼が自分で勝手に考えついた月であった。そして彼はイスラエルの人々のために祭を定め、祭壇に上って香をたいた。



☆ 偶像崇拝の罪を犯したソロモン、その国を取り戻すために立てられたヤラベアムでしたが、不安になり誰かと相談して、金の子牛をつくります。もし、相談する相手が彼を王として立てるように主から命じられた預言者アヒヤであったら、こういうことにはならなかったでしょう。相談相手を間違えてしまい国の運命が呪われたものになってしまいました。
同じことがソロモンの息子レハベアム王にも起こります。2つのグループに相談し、悪い方のアドバイスに耳を傾けてしまい、結果国が真っ二つに分かれます。

★ 二代王様と國進様が、長くペンシルベニアを留守にしていらっしゃいます。モーセがシナイ山に登った時のような、イエス様が変貌山でモーセとエリヤを呼んで摂理に関して会議をされた時のような感じがします。皆様も感じていらっしゃるように、きっとお父様の御指示をたくさんお受けになり、お戻りになられることでしょう。緊張感が高まります



天聖経 P 48
 神様は、なぜアダムとエバを造られ たのでしょうか。神様は無形の方なので、実体の形状をもった父母になれなければ形状の子女を愛せないので、体を着るためなのです。アダムとエバの 創造目的は、第1に、アダムの体を無形の神様がもつことであり、2番目は体をもつことによって震動的な衝撃が来るようにするためです。言葉だけでは駄目なのです。
 この衝動的な刺激に喜びを感じるのです。三つ目は、神様は中心軸をもった垂直の父で面積がないので、面をもとうということです。(232-201,1992.7.6)

 霊界に行っても神様を見ることはできません。神様は見えないのです。力が見えるでしょうか。神様はエネル ギーの本体なので、霊界に行っても見ることができません。体がないのです。 ですから、実体世界を指導して主管するためには実体をもたなければならないのです。神様は、どのような神様ですか。アダムが堕落しないで完成して地上で暮らし、天上に行くようになれ ば、アダムの形状をもった神様になる のです。それで、見えない神様と見えるアダムが一つになるのです。そのよ うになれば、アダムが「ははは」と笑うのは、神様が「ははは」と笑うことになるので、それはすなわち宇宙が「ははは」 と笑うことだというのです。(105-193,1979.10.21)


ランキングに参加しています。
よければクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やすなが0053

Author:やすなが0053
サンクチュアリ教会、熊本・安永家庭教会のブログです。
主に証や活動報告をしていきます。