記事一覧

道津さん(KEN) ようこそ、安永教会へ!!

10月11日、お父様が私たちの家庭教会を未知の世界へ導いて下さった歴史的な日。
ペンシルベニヤ州ニューファウンドランド。
そこには歴史的アベル、カインを勝利して下さった、
二代目王亨進様、國進様がおられます。

慕わしいお父様、ありがとうございます。

そのニューファウンドランドで縁を持たせてもらった道津さんが
この安永家庭教会を訪ねて下さいました。

23日に実家に帰省されてた時、私たちの教会を思い出され、メールを下さいました。
なんと嬉しい事でしょうか。
国際会議の時に國進様と一緒に仕事をさせてもらってると話しておられた方です。
道津さんはアメリカに渡り31年。
お父様からの与えられた摂理に一途に歩まれておられます。
國進様からは「KEN」と呼ばれていると教えて下さいました。


10月31日夕方6時熊本駅へ到着。
その頃、宿泊される坂口家庭教会では、御船メンバーが夕食の準備。
アメリカからのお客様とあって、皆、自慢の一品を持ち寄りテーブルに並べています。

午後7時過ぎ到着ピザを持参した甲斐家の子どもたちの元気な声が玄関に響きます。
「お帰りなさ〜い」
「僕のお母さんのピザ、美味しいよ」と、売り込みは忘れない颯馬君

一品一品を味わいながらも話題は家庭の事、故郷の事、そしてやっぱり國進様の事




翌日、家庭訓読会返上で、坂口家へ集まるメンバー。
午前4時50分、外は少し寒く、空を見上げると、月の周りに大きな光の輪。
正にお父様からの祝福を感じました。





今日は日曜礼拝。
足早に教会に来るメンバー。勿論、道津さんをお迎えしたくて。
前宣伝の効果は大きく、早く道津さんの話を聞きたいメンバーの顔に笑みがこぼれていました。

國進様の狩りの話やガン(銃)の意味など詳しく話して下さり、皆食い入るように聞いていました。
物腰の柔らかい道津さんとは、皆、直ぐに打ち解けました。

礼拝の感想に、
「不思議と違和感なかったし、前からの仲間みたいな感じで壁がなかったですね!
サンクチュアリ教会のシックは壁がありませんね!
こんな近くで國進様の話が聞けるなんて、、、(>_<)感謝です!」と、はーちゃん。

また、
「國進様を、身近に感じます。」と、三厨さん。

「国進様がケンKENと呼ばれるんですか!?アメリカに行かなんですね!!」と、
心はもう、ニューファウンドランド
道津さんに「握手をしてください!!」と、甲斐さん。

「本当に安永教会で、貴重なお話も聞け、ありがたく楽しい礼拝でした。
お土産話が國進様に行ったら嬉しいですよね!」
と思い切った事を言われる、豆乳プリンの登志江さん。

どこまでも飛んでいく安永家庭教会のメンバーです。

短い時間でしたが、サンクチュアリ教会の兄弟姉妹って本当に近いし、
何より國進様や亨進様が遠くの方から近しい方へ、お兄さんの様に感じました。
近ければ近い程、氏族メシヤを早く勝利して、
しっかりした任せられる教会に成長したいとも思いました。

「道津さん、訪ねて下さり本当にありがとうございました。安永家庭教会一同」



………
お父様、本当に一緒にいて下さりありがとうございます。
明日、アメリカへ発つ道津さんと友美さんです。
お父様、無事に帰り着く事が出来ます様にお守り下さい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント