記事一覧

家庭教会活動追加

哀歌 2章8節

主はシオンの娘の城壁を破壊しようと
思い定めてなわを張り
打ちこわして、その手をひかず
城壁と石垣とを悲しませられた。
これからは共に衰える。

エレミヤ書 52章1節

ゼデキヤは王となったとき、21歳であったが、エルサレムで11年世を治めた。
母の名はハムタといい、リブナのエレミヤの娘である。
ゼデキヤはエホヤキムがすべて行ったように、主の目の前に悪事を行った。
たしかに、主の怒りによって、エルサレムとユダとは、
そのみ前から捨て去られるようなことになった。


この後、バビロンのネブカドネザル王による、バビロン捕囚が始まる。


エゼキエル書 18章30節

それゆえ、イスラエルの家よ、わたしはあなたがたを、
おのおのそのおこないに従ってさばくと、主なる神は言われる。
悔い改めて、あなたのすべてのとがを離れよ。
さもないと悪はあなたがたを滅ぼす。
あなたがたがわたしに対しておこなったすべてのとがを捨て去り、
新しい心と新しい霊とを得よ。
イスラエルの家よ、あなたがたはどうして死んでよかろうか。
わたしは何人の死をも喜ばないのであると、主なる神は言われる。
それゆえ、あなたがたは翻って生きよ。




ここ3日間のリマである。
神様の叫び、祝福家庭に対する天の訴えである。



ところで、我が安永家庭教会は、青年マッチング家庭が増えることを想定して、
家庭教会のさらなる実質化を推進する。

今現在、来年2月に向け、4組の未婚青年が祝福に向け、始動している。
今週末から、いよいよお見合いが始まる。
ついては、この青年たちの更なる信仰力アップはやはり訓読である。

朝の訓読会を365日、徹底して6年間続けている。20名が参加している。
そのうち3名の青年は、訓読メンバーとして定着している。
残りの青年メンバーもこれを身に付ける必要がある。
現在、安永家庭教会と坂口家庭教会で、ほぼ毎朝訓読会が行われている。

今週から、新しく2家庭、家庭教会の訓読会を始める。
とりあえず、週1回。
土曜日に大山家庭教会で、古川さんの家庭が合流し、訓読会。
ポイントは、二世たちが朝の訓読会に馴染むようにする。
金曜日の朝は、吉岡家庭教会に緒方さん、藤本さん、竹元さんが参加する。
ポイントは、ゆきなさんの参加。
懸念だった吉岡のおじいちゃんの了解は取り付けた。
これを始めることで、子女たちが朝の訓読会への参加をしやすくする。


いつも主が共にいて導いておられる。
また感謝して前進しよう。
とにかく、お父様のスピードに加速がついている。感謝!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント